建築設備定期検査で事故や災害等を未然に防止

マンション、ビル、劇場、ホテル、店舗、事務所などの建築物は
建築設備定期検査をし、報告しなければいけません。
これは毎年です。
換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給排水設備、
これらのことを建築設備といいます。
建築設備を定期的に点検するのです。
建築基準法12条の規定にもとづいています。
建築物に住んでいる者や訪れる者が事故や災害に
巻き込まれないようにするためには絶対必要なことです。
なにより安全安心が第一です。
定期検査は面倒だなどと思っているようでは、
いざという時に後悔するはずです。
後悔しないためにも定期検査はするのが良いのです。
なにせ一年に一度ですから、健康診断みたいなものです。
換気設備が正常でないと一酸化炭素が発生し、
一酸化炭素中毒の発生が起こり得ます。
排煙設備が正常でないと火災時に煙を吸って犠牲者が出ます。
非常用照明装置が正常でないと停電した場合
辺りが見えずらくて避難が困難になります。
給排水設備が正常でないと不衛生な水が供給されてしまいます。
このような良くない状態にならないように定期検査を
毎年行なっていただきたいと思います。

アルミサッシはYKKがおすすめです自社スタッフが、丁寧に梱包し商品をお届けします。 有名サッシメーカーの商品は国内トップクラスの品揃えです!
電気料金削減のハルエネでんきプラン情報電力の質は変わらずご利用いただけます。 供給エリアによって電気量料金が変わりますので当サイトでご確認ください。